ロストプラネット2

WE SVDのその後です。

ボルトストップ誤作動をlightstaffさんのブログを参考に解決し、しばらく快調動作してくれてたのですが、今度はボルトストップがかからない症状に。分解してみると、写真のようにボルト側のノッチの摩耗でした。



ちゃんと摩耗対策としてスチールパーツも埋め込まれているのに、そのスチールごと削れちゃってます。こんなことってあるんですね。試しに指でボルトストップアームをグイっと押し上げたらボルトキャッチしっかり掛かりますので、マガジンがアームを最後まで押し上げきれてなかったのでしょう。浅く掛かっていたもんだから、さすがのスチールも徐々に削られていったんじゃないかと思われます。

なのでマガジン側のアームを押し上げるパーツをかさ上げしてみます。0.5mmくらいのナイロン板(プラより対金属摩耗に強そうなので)を赤丸のパーツにエポキシ接着剤で貼り付けました。(ここで気をつけないといけないのが、あまりかさ上げしすぎると残弾1発あるときでもボルトキャッチが掛かっちゃいます。)



アーム側をかさ上げしたほうがマガジン毎に加工しなくて済むのですが、そうすると構造上アームをレシーバーに組み込めなくなるのでやむなく却下。でも加工自体たいした手間でもないですし、SVDではそんなにたくさんマガジン持たないでしょうからokでしょう。あとは念のためボルト側の摩耗して角がなくなってたノッチ部分をリューターで整え、面でしっかりとボルトキャッチを受けとめられるよう形成。

以上の簡単加工でまたガッツリとしたホールドオープン復活しました。これ以上削れないこと祈ります。

それにしても毎度ですが、WE製品は素晴らしい物が多いだけに最後の詰めの部分が惜しいですね。WEM4のジャムも、ビックリするくらいの小加工で解決出来たのですが、気付くまでノズル何本壊したことか。。。  

Posted by  NEO  at 12:12Comments(0)SVD

2012年07月30日

WE SVD 調整完了


WE ガスブローバック SVD ドラグノフの、
先日回復したと思われたボルトキャッチ誤作動。
まだたまに再発することもあり、下記のブログを参考に根本治療。

http://lightstaff.militaryblog.jp/e349765.html

100円ライターのスプリングで代用したところ、
今度はテンション強すぎてNG。
試しに純正のスプリングを手で伸ばして組んでみると、
快調に動くようになりました。
(lightstaffさんありがとうございました)

ついでに初速の安定化と鬼ホップ改善。
いつものレシピで簡単に治りましたね。
(インナーバレルを225mmくらいまでカット、
ホップパッキンをマルイに交換)

95→80→60ms。。。とバラバラだった初速も、
86〜78msとおおむね安定。
鬼ホップも改善され素直な弾道になりました。

youtubeでWEが分解組み立て映像アップしてくれてたので、
分解組み立ても迷うこと無く楽チンでした。しかも簡単。

これで使える一挺になりましたが、
スペアマガジンの供給がまだのようなので、
実戦投入はそれからになりそうです。  

Posted by  NEO  at 17:51Comments(2)SVD

2012年07月27日

WE SDV 問題解決!?

WE SVD ガスブローバック。

残弾があるのにボルトキャッチが掛かってしまう現象、
偶然ですが治りました!

いろいろ試していて、マガジンを下から手でグッと押し上げて、
その状態で撃てばマトモに動くことを発見しました。
その状態をキープし、2〜3マグ撃ってみたところ、
今度は手を添えなくてもちゃんと動くようになりました。

決定的な原因究明をした訳ではないので、再発の危険性もありますが、
その後の数マグは問題無しです。

ともあれ、これでようやくちゃんとしたオモチャに届きました。
後は初速安定、鬼ホップ解消カスタムですか!  

Posted by  NEO  at 13:18Comments(0)SVD

2012年07月27日

WE SDV 問題発覚

WEガスブローバックSVD、さっそく問題発覚。



(あ、RSスコープゲットしました。やっぱSVDはこのスタイルですね)

実射性能うんぬんより、それ以前の課題となりました。

空撃ちモードのときはすこぶる快調なのですが、BB弾をマガジンに装填して撃つと
残弾があるにもかかわらずボルトキャッチが掛かってしまう!
という謎の症状(それもかなりの確率で)。
試しにBB弾装填状態で、さらに空撃ちモードにしてみましたが解決せず。
まったくマガジンにBB弾を装填せず、いわゆるホントの空撃ちモードならまったく問題無し。

「ボルトキャッチが掛からない」といったトラブルは他のGBBでよく報告される事象ですが
このWE SVDは掛かりすぎてしまいます。
ブローバックのリコイルがハンパ無いので、ボルトキャッチのテンションSPの力が負けて
ボルトキャッチが跳ね上がってしまうのか?とも思いましたが
指で確認した感覚ではそんなに弱いテンションでもなさそうなんですよね。


おかげで実射時には、せっかくのセミオートGBBがまるでボルトアクションライフルのように
撃つたびにガシャコンガシャコンとしなければいけない始末。
実射性能を突き詰める前にここをなんとかしたいところです。
個体差なのかなぁ。。。


マガジンのこのパーツが、


残弾ゼロのときはマガジンハウス内のボルトストップアームを押し上げ、



アームと連動したボルトキャッチを押し上げてボルトをホールドオープンさせる。

といった機構なのですが、どの部分も適度なテンションが掛かっており
衝撃で跳ね上がるということもなさそうなのですが。。。
原因究明まで難儀しそうです。  

Posted by  NEO  at 10:36Comments(3)SVD

2012年07月24日

WE SVDゲット!

今日、新宿エチゴヤさんにて、
WEの新作ガスブローバック、
SVD(AceVD)ドラグノフ(wood ver)をゲットしました。



WE病とも言える弾ポロ、鬼ホップは健在のようですが、
何と言ってもリコイルがハンパ無い!
これだけで元取った〜って感じです。



外観もRSドラに比べてレシーバー部分が艶っぽく、
こっちの方が好みかな?いい感じです。



ただウッドがちょっと安物家具っぽい感じかな?
綺麗なのは綺麗なんですが、
どうせ綺麗ならLCTとかの高級家具っぽい質感が良かったな〜。
まあこの辺は飽きたら塗り直します。





刻印類は無し。
リアサイトのオレンジ墨入れも無しですが、
これも自分でなんとか出来ますね。





まだ弾道確認は出来てませんが、
初速は90〜68と大きくバラつく。
こいつも色々いじり甲斐がありそうですが、
またカスタム無限地獄にハマりそうですね。
保守パーツ流通が潤沢になるまであまり大胆な手入れは出来ませんが、
少しずつやっていきたいと思います。  

Posted by  NEO  at 23:44Comments(0)SVD