ロストプラネット2

こんにちは。今回はVFC HK416C GBBの躓きホップ解消です。

以前の記事にてHK416D 2015verをあえて2012チャンバーシステムに置き換えることによりかなりの実射安定性を引き出すことが出来ましたが、そこから最近のレシピを加えさらに精度を追求して行きました。


数値としては2012チャンバー+マルイパッキン=2mmの躓き、Gen2とかと同じですね。


それではさっそく参りましょう。

まずはインナーの調整から、今回の416Cはそもそもが2012verですのでインナーも電動式窓という古い仕様でした。溝を追加するついでに窓も拡張します。









2mmずらして溝を新設すると繋がってしまうので不要な箇所を2mmぶん埋めます。アルミ材でも真鍮材でも、ローディングの衝撃に耐えられればなんでも良いでしょう。



次にチャンバー加工です。






赤い部分を削ってパッキンの居場所とアーム先端のクリアランスを確保します。








パッキンの突出した部分をカットします。





すると先ほど薄く削り込んだチャンバーのランプ部分がGen2のスチールカラーのような役目を果たしてくるような形に。







あとはGen2編と同じくアーム先端にABSで押し部分を成型し組み込めば完成です(写真は流用)。





これでフルオートでもホップの掛かりムラが最小限となりマルイレベルまで集弾性向上できました。

416Cはまだ新型ホップverリリースされてませんし、何より既存の資産を有効活用したいという方の参考になれば幸いです。



  


Posted by  NEO  at 09:20Comments(0)HK416C