ロストプラネット2

2013年04月19日

WE、ガス注入量

昨日まで夏日だったのに今日は寒の戻り。
ガスブロニストに限らず、
「寒いな〜」と思える一日になりそうですね。

ところで、WEユーザーの皆さん、
皆さんはマガジンにガスを充填するとき、
どのような目安で充填量を測っていますか?

WEM4マガジン(に限らず海外物にはよくありがちですが)は、
ガスを充填しすぎるといきなり生ガス吹きますよね?
あれをどうにか効率的に回避したいんです。
空っぽのマガジンからなら、
「およそ何秒で理想」って感覚を掴めているのですが、
継ぎ足しの場合が難しくて。

お座敷の場合は特に問題ないですが、
先日久々のゲームに投入してみたものの、
継ぎ足し量が足りないと後半バテ気味になるし、
足しすぎると最初っからガスプシューでへっぽこ弾道に。
初ゲーム以降はかなり神経使います。

なかにはキッチンスケールで測っている方もいるようですが、
忙しいゲームインターバル中には実用的ではないよな〜とか。

バルブを換えて注入音が聞こえるようになったところでも、
「音が聞こえる」ってだけですし、
「いま現在中にどれくらい入っているか」なんて分からない。
かといって毎回ガス抜くなんてもったいない。

悩ましいところです。
素敵な裏テクご存知でしたらぜひ教えて下さい。





フィールドでもらった噂のマルイフライヤー。
新次元ニューカテゴリー!と仰々しい謳い文句。
ニュー「カテゴリー」ですからね。
エアでもフロンでも電気でもないってことでしょうか?
それとも単純に「長モノガス」?
実に気になります。  

Posted by  NEO  at 10:22Comments(2)WEM4
前回の続きです

WEM4の不調、治りました!

バルブノッカーが摩耗し変形していたため、
ガス放出バルブを最後まで叩ききれてなかったのが原因でした。




こういう状態。
亜鉛のノッカーが無数の打撃を繰り返し摩耗変形した結果、
飛び出し部がかなり短くなってます。

マガジンを前にテンションかけると快調だったのは
この隙間が詰められ、




バルブを最後まで叩くことが出来ていた状態でした。

幸いこういう時の為の余剰パーツとして、
RA-TECHのスチールノッカーを持ってましたので交換。

するとどうでしょう、どのマグでも問題なく絶好調ブローバックです!

あぁぁぁぁ気持ちいい!

トリガーボックス周りはこれで全てスチール化されました。
持ってるんなら最初から換えときゃ良かった^o^;

お騒がせしました。
これで今夏の光明がみえました。
あとは仕事の休みの調整だ!(この調整が一番難しかったりして?)  

Posted by  NEO  at 21:07Comments(0)WEM4

2013年04月09日

KSC M93RII07HK HW調整

ガスブロの季節到来ですね。
先日夏に向け調整もかねて引っ張りだしたWEM4はトラブル続き。
心が折れそうなので別の獲物の調整で気分転換。

先日UNNKEIさんのサバゲーる日記を拝見させていただき、
http://svgr.jp/my/UNNKEI/diaries/15939
当方のKSC M93RII07HK HWにも同じ症状があったので改善を試みる。

症状としては、KSC93Rのお家芸であるセミ/フル/3バーストのうち、
3バーストが安定しない。
4バーストになったりフルになったりするのだ。
これは他のモデルでは起こらず07HKHWモデルのみの症状。
(当方AG1st時代からの各モデルを所持)

すぐさま機構部スプリングのテンション不足を疑いました。
なぜならシステム7の作動性は周知のことと思いますが、
そこにHWの重量がフルオートで加わる衝撃、振動がハンパ無いからです。


快調のABSモデルとバースト不調のHWモデル。





そこで、バースト機構を司るラチェット部、
特にリンクパーツにテンションを加えるスプリングを疑い、





ここのスプリングを強いものに交換してみることに。




ただ手持ちにいい感じのモノが無く、
試しに快調作動してるABSモデルのを拝借してみました。





するとご覧のように、ABSとHWではスプリングの長さが違います。
上がABSモデルに、下がHWモデルに入っていたもの。
下のほうが明らかに短いですよね。
これを上の長いものに交換してみた。
すると。。。

HWモデル、すこぶる快調動作に変身を遂げました!
ロングマガジンでも3バースト完璧です!
ほんと1ミリほどの差なんですけどねぇ、ガスブロは奥が深い。

試しに短いほうをABSモデルに移植してみたら、
こちらの組み合わせなら問題無し!ラッキー(嬉)

WEM4の調整に先が見えず軽いノイローゼ気味だったので、
この結果が最高に気持ちいいです(笑)

ガンは調整中が楽しいのも事実ですが、
さすがに今回ばかりは「WEM4よ、これくらいすんなりいってくれれば。。。」
と切に思いますね。^o^;  

Posted by  NEO  at 10:30Comments(1)KSCM93R
http://svgr.jp/my/neoreloaded/diaries/7935
サバゲーる日記からの続きです。


地獄のような調整ループから脱却し絶好調だったWE M4、久しぶりに遊ぼうとしたらまたまたブローバック不調。

セミ、フルともに動きはしますがブローバックにキレがなく、燃費も最悪。

特にフルは「パタパタパタ、、、」てな感じでゲンナリです。
(いちおうこれでもボルトストップもかかるんですがね、なんかこのままだと気分が。。。)

検証してみたらアウターバレルがグラつく?
んで原因を追及してみました。

WEM4って、バレル固定するときのシムがゴム製なんですね、純正は。
このゴムが切れていたらしく、ちょうどいいOリングで代用したらなんと解消!

これで調子に乗った私は、より強固にするため金属製シムに換えて固定してみた。
すると何故かまたあのへなちょこブローバックに逆戻り。

それならば!と、またゴムシムに換えてみたら今度はへなちょこのまま!!

そっから何をどう弄っても改善されません(涙)


ただ、色々弄ってみたら、マガジンをぐいっと前方に押し当てテンションをかけてやると、
以前のような「ズガガガッ!!」という快調ブローバックに。(なんか以前にもこんな症状なったなぁ。。。)



まずはマガジンとノズルのガスルート気密を疑い、ノズルのガスルート部をパテで量増し調整するもダメ。

次に常にマガジンにテンションがかかるようハウジンングやマガジンケースにテープを貼ってみるも、
その状態だとマガジンすら挿せなくなるのでこれも断念。

以前この日記にも書きましたが、フローバルブとスプリングのバランスかと思い、
手持ちのあらゆる組み合わせで試してみましたがこれもダメ。


いったいどうすりゃいいのか。もうイヤ。。。

もうここまででもう1週間以上かかってる。
気になっておちおち眠ってもいられず、慢性的に寝不足です。
でも仕事もあるし、いっそしばらく忘れてしまえれば楽なのですが。。。

ある日突然こういうことになってるから、恐るべし中華ガスガン。

ふぅ。。。どなたか解決法ご存知でしたら教えてください。m_ _m(切実)  

Posted by  NEO  at 23:12Comments(0)WEM4