ロストプラネット2


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  

Posted by  ミリタリーブログ  at 

2013年10月13日

Stark Arms ワルサーPPQ

Stark Arms ワルサーPPQ、本日届きました。





Stark Armsはグロック19の時もそうでしたが、箱から力はいってます。





内容は至ってシンプルで、取説と本体のみ。
グロックに同梱されてたフォロアストッパーも無し。







外観は良好。さすが安心のVFCクオリティーですね。刻印もフルカバー。





初速はグロック19が75〜71m/secくらいに対し、
PPQは60〜58m/secとやや低め。
集弾性やホップもけっこう安定していて、撃っていて楽しいです。







リコイルはグロック19が粘りのある感じなのに対してPPQはシャープな印象。
重みもあるのでなかなかいい感じではないでしょうか。
独特の形状のグリップも、手に吸い付くような感じで上々。





ただ(グロックもそうなのですが)、
元々が海外仕様なのでスプリングテンションがやや強いかも。
連射していると後半は息切れですぐフルオートになってしまいます。
カスタムスプリング等で調整してやるとさらにいい感じになりそうですね。
あ、相変わらずグリスの匂いは強烈です...^o^;

あと発表時から巷で囁かれていた

「グロック19に続き、PPQも隠しフルオート機能つきかも?」

という噂ですが、残念ながらフルオート機能は無い様子。
マニュアルにも記載されていませんでした。

でもブリーチ部を覗くと、
画像のようにグロック19に搭載されている切り替えパーツがあるにはあるんですね。





グロック19ではこの隠しパーツを横にスライドするとフルオートに切り替わるのですが、
PPQではブリーチのプレート出っ張りが邪魔してスライドできないようになっている。
なのに指で触ると「カチャカチャ」とやや動く。





「ひょっとしてこの出っ張りを削り取ってしまえば切り替えできるんじゃね?」

的な事が頭をよぎりますが、自分は怖いので試しません(苦笑)


にしても、もともとP99のフォルムが好きな自分的にはいい買い物でした。
これで交換用のバックストラップが付属してれば完璧でしたね。
オススメです。  

Posted by  NEO  at 14:22Comments(0)VFC

2013年10月12日

マルコキUSP

リーズナブルで費用対効果の高い名品、
みんな大好き(?)マルイのエアコキです。

特にUSPやソーコムMK23は金型の分割が工夫されており、
パーティングラインが目立ちにくく、
スライドにはヘアラインも入ってたり、
元の実銃フレームが樹脂製というのも相まって外観も良好。

加えてソーコムMK23はトリガープルも軽く、
ゲームで愛用されている方も多いのではないのでしょうか。

今回はグレースライドが美しいマルイエアコキUSPの紹介です。

KSCのUSPは.45バージョンですが、
マルコキは電動ハンドガンと同じく.40S&Wバージョン。

.45に比べグリップも細身で握りやすく、
外観もほんの一回り小さいだけですがかなりバランスよく見えます。
(マルイさん、ガスブロでもぜひ.40S&Wの採用お願いします)

エアコキは低価格ゆえに刻印が無着色なのですが、
ここに墨入れをしてやるだけでかなりリアルになり、
お手軽ディテールアップが可能です。

私は元々ヘアラインのスライドをさらに少しだけ磨き、
光沢感を出しています。

これに汎用レールマウントとシュアファイアのレプを装着すると。。。





2kちょいのエアコキには見えない仕上がりじゃないでしょうか。

これは18歳以上のHOP付きなのですが、
10歳以上やHOP無し版だとさらに安く調達できますので、
軽く遊ぶには超お手軽です。

ただ墨入れの時は気をつけて下さい。
ラッカーはもちろん、エナメル系でもベースの塗膜を荒らしますので。
(フレーム側は無塗装ですので問題ありません)

実は私もやってしまい、荒れた塗膜をごまかすためにスライド磨きました。

まぁそのおかげで偶然いい感じの光沢感が出せましたけど(笑)


久しく投稿してなかったのでとりあえず的な小ネタ、失礼しました。  

Posted by  NEO  at 15:32Comments(0)マルイ