ロストプラネット2




TOP M4 カートレスの鬼ホップ問題、
ホップを純正に戻し、0.28gの重量弾にしてみたところ、
やはりこの組み合わせで初めてすこぶる安定します。
まるで流速オカルト?現象です。

この問題、思い切って直接メーカーに電話で問い合わせてみた。

「これはTOPさんのデフォで重量弾設定ですか?」

とズバリ聞いてみたら、

「うちも0.2gを想定してるのですが。。。」

との回答。

え。。。

僕以外でもいろんな方が囁いてますよね。。。?
まぁいっか(苦笑)。さらに、聞いてみました。

「僕のは0.2gだと鬼ホップなのですが?」

との問いに、

「それでは当社で調整しますので送って下さい」

と回答いただきました。

同じ症状でお悩みの皆さん、
TOPさん、調整対応してくれるそうですよ。

僕は弄るの好きなので、もう少し自分でトライしてみることに。
しんどくなっても改善の余地がなければお願いするとします。


  

Posted by  NEO  at 10:36Comments(4)TOP

2014年05月15日

TOP M4 ゲーム投入

今日、TOP M4 カートレスをゲーム投入してきたので報告。


まず、いろいろデザインしたホップ改善がロングレンジでは役に立たず。
かなり散ります(涙)
セミではまだマシなのですが、フルだと4〜5発に1発はジェットアッパー。
集弾性もダメダメです。
ひとまずノーマルに戻すところから再考察です。


続いてハンドガードキャップ。
帰ってきてから清掃しようとハンドガード外そうとしたら、




割れましたー!


いちおうスチールなんですけどね。
鉄がこんなにパッキリ割れるの初めてです。。。
いったいどんな材料使ってるんだ!?
仕方ないからG&Pハンドガードキャップ発注。
皆さんもお気をつけ下さい。


  

Posted by  NEO  at 00:02Comments(0)TOP

2014年05月08日

被膜破れ注意

前から気になってたVFC PDWのメカボのカタつき。
これを解消すべく分解してみたら、





コードを連結させる金具部分の被膜が破れ金具が剥き出しに!
熱が原因でしょうか、溶けたような感じで。
あやうくショートさせるところでした。
もちろん熱縮チューブで補修。

リポ使用してるので、事故前に発覚して良かったです。

皆さんもご注意ください。


  

Posted by  NEO  at 21:56Comments(0)VFC

2014年05月06日

TOP M4 PMAG化 改修編

先日トライしたTOP EBB M4 カートレスのPMAG化。
手動コッキングでは作動に全く問題なかったので見落としてた問題。


TOP EBB M4にはマガジンセンサーが付いている。
このスイッチをマガジンが押さない限り電動作動しない仕掛け。
これがPMAGだと押せていなかったようだ。






下図左がPMAG、右がTOP純正。
矢印ぶんの高さが足りないのが分かる。
この高さを補ってあげれば良いのだ。






さっそくプラリペアで補修しました(赤い部分)。






テンションが掛かる部分なので補強材もプラス。
プラリシートは値段も高いし厚みがありすぎるので、
薄手のガラス繊維シートを使用。


まだ完成ではありません。
このままだとマガジンの残弾ゼロスイッチと干渉します。
干渉部分を薄く削り込み、クリアランスをとります。










これで電動も問題なくバッチリ作動しました。
残弾ゼロ時のボルトキャッチも完璧。
ついでに色が薄すぎた感のあるカートシールも作り直しました。





前回の日記で「簡単なので皆さん是非」と書きましたが、
意外と手間がかかることが判明、前言撤回です。

「工作好きの方」是非トライしてみて下さい(笑)



  

Posted by  NEO  at 14:59Comments(0)TOP