ロストプラネット2

久々のTOPカートレスM4ネタです。

前回の記事でセミではだいぶ煮詰められたので手打ちにしておりましたホップ再調整しました。

きっかけはVFC HK416Gen2 GBB調整で「安定しない弾道は躓きホップを疑え!」ということに着目し弾棒(オラガバニストあじゃさん参考)でチェックしてみると、適正よりも2.5mm隙間が空いており立派な躓きホップであることが判明。

これを解消して行きます。


今回もノズルを延長するよりインナーごとノズル側に移動させる方が簡単ですのでその方向で。




まずはインナーをノズル側に2.5mm移動させるためバレルガイドを固定する位置を変更。赤い部分を切削し、ノズルガイドを前後反対に付けれるようにします。(ちなみにマスキングテープはダイアルテンション稼ぐ為で今回のカスタムとは関係ありません)




この方法だとインナーバレルの固定溝がちょうど2.5mmなので、バレルガイドを反転させるだけでピッタリ2.5mm動かせることになり正確かつ楽チンです。




あとはバレルガイドを逆にセットするだけ。




これでバレルの移動は完了しましたので次はホップアームを2.5mm移動させます。まずは元にある軸穴よりノズル側に2.5mmの位置に1mmピンバイスで穴を開けます。




次に干渉する部分を切削します。もともと1mm弱のクリアランスがあるので2mm弱くらいで大丈夫です。





あとは前回内径を拡げたパッキン入り口を奥まで拡げます。これは気密に関わる部分なので少しずつ現物合わせ推奨です。パッキンをノズルに挿し込んだ時に程よい密着感が有り少し力を加えて奥まで挿し込める程度が目安です。




もし最悪削りすぎて初速が低くなってしまったらアルミテープでサポートしてあげると凌げますのでご心配なく。その際ノズルのローディング突起と干渉するのでC型に。ちなみにTOP純正パッキンはマルイパッキンより長いのでそちらを使用する場合は移動2.5mm分ノズル側をカットすることとなります。




あとはアームがバレル基部に干渉しないよう、かつ調整幅も確保するよう微調整すれば完成です。自分は最終的に下画像のような形状に落ち着きました。




以上の追加工を施した結果、過去最高のセッティングとなりました!完成系と言っても過言ではないかも!?

セミオートはもちろん、フルオートでもホップの掛かりのムラが劇的に減り電動ガンらしい弾道を得ることが出来ました!

まあ自分はセミオート派なのでフル封印でも良かったのですがカスタマー精神的に釈然としなかったのでこれで超スッキリです^^

TOPさん、簡単なマイチェン(ノズル延長)で生まれ変わりますので是非今後改善してください!

以上、突貫報告でした〜



  


Posted by  NEO  at 11:29Comments(0)TOP

2018年04月03日

HK416A5 GBB ホップ調整

先日調整したHK416D Gen2に習い、HK416A5のBK/TANを両方ともホップ改修しました。

分解してみて驚いたのは、基本的に内部仕様は同じと思われていたGen2とA5ですが僅かなリリースタイミングの間にすでにマイナーチェンジが入ってました。








ホップチャンバー内のアーム軸が亜鉛一体からスチール別体に。


なんのアナウンスもなくしれっとバージョンアップさせてくるVFC、噂どおりですね。


しかしわざわざ変更かけてきたってことは破損報告でもあったのでしょうか?主観ですがこの亜鉛パーツ、かなり頑丈そうで問題なさそうなのですが。


まぁもし折れても同じように鉄の棒を移植すればいい話ですが、「分解出来ない」「面倒なのでしたくない」って人のためにGen2も後発ロットでは改修されていると良いですね。


にしてもこの加工、前回色々試行錯誤したおかげで今回はかなり作業効率上がりました。やっぱかなり安定しますのでオススメですよ。  


Posted by  NEO  at 16:33VFCHK416A5