ロストプラネット2

2014年09月12日

VFC HK417 GBB アッパー&ロアーのグラつき解消

VFC HK417 GBBに限らずAR/M4系はテイクダウンを繰り返すうち、
アッパーとロアーにグラつきが出てきます。
そうなるとフォアグリップ等で構えた時などに気になってしまいます。

VFC HK417 GBBは、
アッパーフレーム底部のピボットピン辺りに薄いゴムが貼ってあります。
最初は単なるキズ防止のためかなと思っていたのですが。。。




チャンバーパッキン交換等で何度もテイクダウン繰り返してたら、
自分の417もアッパーがぐらつくようになってきました。
と同時に、前述のゴムが1mmほど前方にズレていることに気付きました。
もしや、と思い元々あっただろう位置に貼り直してみると、

グラつきが解消されました!

この謎のゴムシート、もしかしたらアッパーとロアーの隙間に適度なテンションをかけ、
グラつきを吸収する役割があるのかもしれません。

グラつきにお悩みの皆さん、ぜひ試してみて下さい。







同じカテゴリー(VFC)の記事画像
VFC HK416C 2012ver. 躓きホップ解消
VFC MP7 & UMP9 躓きホップ解消(UMP9編)
VFC MP7 & UMP9 躓きホップ解消(MP7編)
HK416A5 GBB ホップ調整
CyberGun SCAR-H mk17 ボルトキャッチ問題解消
VFC HK416D GBB Gen.2 ホップ大改修3
同じカテゴリー(VFC)の記事
 VFC HK416C 2012ver. 躓きホップ解消 (2018-05-09 09:20)
 VFC MP7 & UMP9 躓きホップ解消(UMP9編) (2018-05-03 20:38)
 VFC MP7 & UMP9 躓きホップ解消(MP7編) (2018-05-03 16:54)
 HK416A5 GBB ホップ調整 (2018-04-03 16:33)
 CyberGun SCAR-H mk17 ボルトキャッチ問題解消 (2018-03-28 11:21)
 VFC HK416D GBB Gen.2 ホップ大改修3 (2018-02-16 21:33)

Posted by NEO  at 03:05 │Comments(0)VFCHK417
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。