ロストプラネット2

2015年11月06日

LCT Vityaz 来ました

久しぶりの記事投稿です。

LCT PP-19-01 Vityaz ゲットしましたので気になるところを駆け足でレビューします。






ロアハンドガードは早速交換してみました。LCT純正パーツですがポン付けとは行きませんでした。特徴的なマガジンハウジングのパーツ分レシーバーの厚みが増してるのでハンドガードを少し切削加工してます。











近距離サイト。











AKS74Uはフルサイズレシーバーでレシーバーより前方(ハンドガードやバレル)を短くすることでショート化しているが、Vityazはレシーバー自体(前方)をカッタウェイすることで全体的にショート化されてます。ハンドガード自体はフルサイズ。これによりAKS74Uとフルサイズのハイブリッドなディテールとなってます。刻印はトラニオンブロックからレシーバーへ。











マズルは14mm逆ネジ。











そしてモールドだったバレル固定ピンが別パーツで再現。











反対側はストックを畳んだ時に固定するフックの役割と、バレルの固定を兼ねてます。これまでバレルの固定はトラニオンブロックにあるイモネジで行ってたが、コイツはイモネジとこのバレル固定ピンで行っている。しかもバレル固定ピンはさらに隠しイモネジで抜け防止。おかげで剛性はかなり上がっていると思われます。











ただ残念ながらこのピンは貫通してない様子(左右2ピース構造)。レシーバーが短くなったおかげでちょうど画像のところにホップアームがせり出し、そのため貫通させられなかったのでしょう。

この貫通してないってのが後々厄介で。。。

メカボを摘出しようと思ってもこちら側から叩いてピンを抜くことが出来ず、しかもガチガチに刺さってるのでプライヤーなんかでも引っ張って抜くのが困難。強引にやればピンがズタズタになりそう(汗)

なんかいいコツ無いかな。。。












ホップ調整も短くなったレシーバー分、少し奥まっていて面倒くさい。それにバッテリーの出し入れの時にせっかく調整したレバーが盛大にズレる可能性大。


















穴空きシリンダーで初速は93〜95m/secとベストなゾーン。また、ホップを掛けていっても初速が下がりにくいので箱出しスペックとしてはいい感じ。


ですがたまに起こる2発給弾がどーしても気になるなぁ。やっぱメカは早めにバラして調整したいところですね。


どーしよっかなー、ピン。。。(苦笑)
















同じカテゴリー(LCT)の記事画像
LCT Vityaz 分解
ZENIT B-13レプリカ 比較検証
LCT TK104 カスタム
同じカテゴリー(LCT)の記事
 LCT Vityaz 分解 (2015-11-07 12:40)
 ZENIT B-13レプリカ 比較検証 (2014-12-03 15:00)
 LCT TK104 カスタム (2014-03-06 04:52)

Posted by NEO  at 19:27 │Comments(3)LCT
この記事へのコメント
もう入手されたのですね。当方も予約してますがまだ入荷のアナウンスがありません。ピンが抜けないとの事ですが、今までのLCT製AKの様にアウターバレルを外さないとチャンバーも取り出せない感じなんでしょうか?
もしピンが抜けたら、詳しい方法の記事のアップをお願いします。
Posted by かい at 2015年11月07日 06:15
>かいさん
見る限りこれまでのLCT同様、アウター外さないとチャンバー、メカボは取り出せそうにないですね。フロントサイトの貫通ピンですら気合い入れてポンチ&ハンマーでぶっ叩かないと抜けないので、このぶっといピンを叩かずに引っこ抜くのは至難のわざと思われます(涙)

いい感じの治具を探すか。。。はたまたnoobさんかハンマーズさんにお願いしようかな。。。
Posted by NEONEO at 2015年11月07日 09:54
>かいさん
ピン抜けました!詳しい方法は後ほどアップしますね〜
Posted by NEONEO at 2015年11月07日 11:59
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。