ロストプラネット2

2015年11月07日

LCT Vityaz 分解



LCT LCT PP-19-01 Vityaz 分解成功しました。








このピンが抜けなかった件です。
より均一にチカラを加えやすいようにこんなモノを用意しました。









ガスブロのバルブを分解するために自分で加工したマイナスドライバー。この切りカキのおかげでよりピン溝に深く食い込ませることが出来ます。









そしてテコの原理を使うため支点となる硬いもの。何でも良いですが今回はステンナット。ただ高さを溝近くに合わせた方がうまくいきやすいです。










本体にキズをつけないようマスキングして、










一番ピンに近く最も硬そうな場所、トラニオンブロック(赤矢印の場所)に置いてテコにします。作用点であるピン溝にドライバーを挿し、力点である黄色矢印をハンマーで叩いていきます。










抜けました〜(嬉)







あとはいつも通りバラしていくだけです。レシーバーが短くなったぶん、チャンバー&メカボを摘出する際に少しコツがいりますが、アウターを完全に抜いてインナーとメカボをくの字に折るように引っ張り出せば問題なくバラせます。

ひょっとしたら切りカキ無しのドライバーでもいけるかもしれませんが、ご参考まで。









同じカテゴリー(LCT)の記事画像
LCT Vityaz 来ました
ZENIT ピストル
ZENIT B-13レプリカ 比較検証
LCT TK104 カスタム
同じカテゴリー(LCT)の記事
 LCT Vityaz 来ました (2015-11-06 19:27)
 ZENIT ピストル (2014-12-15 15:30)
 ZENIT B-13レプリカ 比較検証 (2014-12-03 15:00)
 LCT TK104 カスタム (2014-03-06 04:52)

Posted by NEO  at 12:40 │Comments(6)LCT
この記事へのコメント
NEOさん記事アップサンクスです。こじれば抜けるんですね。治具を作りながら銃が来るのを待ってます。
Posted by かい at 2015年11月07日 15:09
因みに反対側のピンはモールドとして存在しているだけでしょうか?
Posted by かい at 2015年11月07日 15:11
>かいさん
反対側はモールドではなく別パーツで埋め込まれてます
Posted by NEONEO at 2015年11月07日 15:21
すいません。言葉が足りませんでしたね。反対側のピンはトラニオンブロックやバレルの固定に関係の無いパーツになっていると言う認識でよろしいのでしょうか?
つまり抜かずに分解出来ますか?
Posted by かい at 2015年11月07日 16:17
>かいさん
反対側はただのディテールアップパーツなので触らず分解出来ますよ。
Posted by NEONEO at 2015年11月07日 16:29
わかりました。丁寧にありがとうございます。これからのレポートもたのしみにしています。
Posted by かい at 2015年11月07日 16:32
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。