ロストプラネット2

2015年11月20日

TOP M4 ホップ問題、この辺で手打ちか

みなさんこんにちは。久々のTOP M4 カートレスのホップ調整ネタです。

某中華屋さんのブログで紹介されていた方法等(マスキングテープ使うやつ)も試してみましたが、鬼ホップが改善されるだけで残念ながら集弾性が良くなることはありませんでした。

なので自分なりに時間を見つけては少しずつ実験してきた結果、下記のレシピに落ち着きましたので駆け足で紹介させていただきます(ちなみに前回のレシピは気温なのか何なのか、日によって安定性に欠けてました)。

写真を撮っていなかったのでイラストでご了承下さい(すみません、さんざん弄くり回したので再度分解してまで撮り直す気力がありませんでした^o^;)。

あと、最初に断っておきますがフルオートは封印です(苦笑)









まずはマルイのG-HOPパッキンを用意します










そして耳を切り飛ばします










マルイパッキンはTOPパッキンより肉厚でノズルと干渉し、そのままでは閉塞不良を起こします










純正パッキンとノズルとにらめっこしながら現物合わせでマルイパッキンを加工します


<追記>
奥行き2mm程度から始めてみることをお勧めします

面倒ですが現物合わせで慎重に

閉塞を起こさないギリギリのラインじゃないと気密漏れの可能性もありますので










こんな感じになればOKです










TOP純正バレルにはG-HOPのズレ留めの溝が無いので溝を掘ります(掘らなくても強引に押し込めばセットできたのは確認済み)











続いてホップアームの加工です

マルイパッキンにすると逆にホップの掛かりが甘くなります

なので、










ホップダイアルとの接点をプラリペア等で量増しします

ここも現物合わせです






パッキンはTOPに比べマルイの方が長さ的に寸足らずですが問題なく弾はロードされます。

これでセミオートはかなりの精度を出せました。

ただフルオートは依然ダメダメです。

しかしながらバラ撒くタイプの銃ではないですし、自分もゲームではセミ派なのでもうこの辺で手打ちとします。



このレシピの特徴としてホップを掛けていくほうが初速が上がる傾向にあります。

あと、純正バレルだと弾道が右に逸れていたので自分は社外製に交換しました。この辺は個体差と思いますがどうしても安定しない方はバレルも疑ってみて下さい。



フルオート安定レシピ考案された勇者、そろそろ現れないかな〜










同じカテゴリー(TOP)の記事画像
TOP M4 ホップ問題、解消か
TOP M4 ホップ問題、直接TOPに問い合わせてみた
TOP M4 ゲーム投入
TOP M4 PMAG化 改修編
TOP M4 PMAG化
TOP M4 ホップ調整 その後2
同じカテゴリー(TOP)の記事
 TOP M4 ホップ問題、解消か (2014-07-14 15:46)
 TOP M4 ホップ問題、直接TOPに問い合わせてみた (2014-05-16 10:36)
 TOP M4 ゲーム投入 (2014-05-15 00:02)
 TOP M4 PMAG化 改修編 (2014-05-06 14:59)
 TOP M4 PMAG化 (2014-04-30 21:34)
 TOP M4 ホップ調整 その後2 (2014-04-28 11:36)

Posted by NEO  at 10:08 │Comments(0)TOP
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。