ロストプラネット2

2018年02月11日

VFC HK416D GBB Gen.2 ホップ大改修2

前回のホップ周りの大改修でマルイ程度まで追い込めたかもと書きましたが、無風状態で検証したところ25m付近で若干左右にバラける傾向が。。。


でもかなり良い線は行ってるようなのでこのまま追い込みます。


方法はいたってシンプル、マルイシステムを丸パクリです。




アームの押し込み部真ん中に溝を掘りました。


これで再検証したところ。。。


バッチリです!


左右のブレも落ち着き、まさにマルイGBB程度の安定を叩き出すことに成功。


結局2015verの時より手は掛かってしまいましたが、Gen2のほうが作動性は良いしホップ調整もやりやすいのでゲームウエポンとして理想的な結果を得ることが出来ました。



まぁ重ね重ね申し上げますがここまでしなくともGen2は箱出しでもとりあえずゲーム投入できるレベルまで昇華されてますのでご心配なく。

あと他のレシピでも同様の結果は得られるかもしれませんので、あくまでご参考まで。





同じカテゴリー(VFC)の記事画像
VFC HK416C 2012ver. 躓きホップ解消
VFC MP7 & UMP9 躓きホップ解消(UMP9編)
VFC MP7 & UMP9 躓きホップ解消(MP7編)
HK416A5 GBB ホップ調整
CyberGun SCAR-H mk17 ボルトキャッチ問題解消
VFC HK416D GBB Gen.2 ホップ大改修3
同じカテゴリー(VFC)の記事
 VFC HK416C 2012ver. 躓きホップ解消 (2018-05-09 09:20)
 VFC MP7 & UMP9 躓きホップ解消(UMP9編) (2018-05-03 20:38)
 VFC MP7 & UMP9 躓きホップ解消(MP7編) (2018-05-03 16:54)
 HK416A5 GBB ホップ調整 (2018-04-03 16:33)
 CyberGun SCAR-H mk17 ボルトキャッチ問題解消 (2018-03-28 11:21)
 VFC HK416D GBB Gen.2 ホップ大改修3 (2018-02-16 21:33)

Posted by NEO  at 15:01 │Comments(0)VFCHK416D
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。