ロストプラネット2

2018年05月03日

VFC MP7 & UMP9 躓きホップ解消(MP7編)

皆さんこんにちは。今日は湿気がすごいことになってますね。

先日の記事にて紹介したVFC GBB HK416シリーズやTOPカートレスの躓きホップを解消できた時の快感が凄まじかったので、手持ちのMP7とUMP9も一挙解消工作してみました。

今回もノズル延長ではなくインナーバレルごとパッキンとアーム位置を移動させる方法です。ノズル延長工作できるなら行程もそれだけで済むのでオススメなのですがノズル先端は小さいうえ強度も要求されます。フライス等の精密加工できる環境や器具をもたず手作業とハンドツール加工の当方では精度や強度を確保できないのでこちらを選択せざるを得ません。

手順はほぼ416系と同じなのでここではなるべく簡素にテンポ良く紹介します。


ではMP7から行ってみましょう。分解方法はあんこ入りさんの記事にて詳しく紹介されています。





躓き距離は3mmでしたので3mm銃口側に溝を追加します。初期ロットの場合は電動ばりの小さな窓も同時に拡張。







アーム軸穴を新設。押し位置微調整のためこちらは3.5mm移動させました。穴を追加したら2.5mmのステンレス棒でアーム軸を新造します。





マルイパッキンを3mmカット。





アームに溝追加。





3mmノズル側にアームを移動させたことによる押し量不足を補うためアーム背にABSプラ板貼付け。





続いてインナーフレームのアームとの干渉部分を切削します。もちろん左右とも。





まだ終わりません。このままだとロッキングラグと飛び出たアームが干渉し閉塞不良を起こすのでこちらも切削。幅7mm、深さ4mmも見ていれば安全でしょう。形状は変わってしまいますがどうせ殆ど見えない部分なので私は気にしません。ゲームで使用したいので当たらない方がストレスです。





あとは組み立てるだけ。これでMP7は完成です。

→UMP編へ続く








同じカテゴリー(VFC)の記事画像
Mk18 mod1 GBB アウターバレル交換
Mk18 mod1 GBB 謎のボルトスタック
VFC製 Mk18 mod1 GBB チャンバー加工
VFC製 Mk18 mod1 GBB
GBLS DAS GDR15 ショーティ考察2!!
VFC HK416C 2012ver. 躓きホップ解消
同じカテゴリー(VFC)の記事
 Mk18 mod1 GBB アウターバレル交換 (2018-09-25 15:00)
 Mk18 mod1 GBB 謎のボルトスタック (2018-09-22 23:49)
 VFC製 Mk18 mod1 GBB チャンバー加工 (2018-09-20 15:22)
 VFC製 Mk18 mod1 GBB (2018-09-19 21:08)
 GBLS DAS GDR15 ショーティ考察2!! (2018-08-29 15:00)
 VFC HK416C 2012ver. 躓きホップ解消 (2018-05-09 09:20)

Posted by NEO  at 16:54 │Comments(0)VFCMP7
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。