ロストプラネット2

2018年02月09日

VFC HK416D GBB Gen.2 ホップ大改修

予告していたVFC HK416D GBB Gen.2 ホップですが、結局は欲が出てかなりの大改修となりました^^;;


前回の記事にいただいた陸の鯖さんからのコメントによると、マルイパッキンに交換した時に安定しないのはノズルの位置に対してパッキン山の押さえが銃口側すぎて躓きホップになるとのこと(陸の鯖さん、ありがとうございます!)。



ということはノズルを延長するかパッキン部分をノズル側にズラさなければいけないことに。

ノズルの加工にはかなりの技術を要するのでパッキン部分をズラす方法をチョイスしました。


まずはインナーバレルの固定溝を新設します。





これでパッキンとインナーともに2mmノズル側にズラせたことになります

そのぶんノズル側に突出したパッキンを2mmカットしなければいけません。






軟質素材を綺麗にカットするのは難しいので慎重に、仕上げはリューターで削れば楽です。





そして組み上げ試射してみたところ。。。


0.25gだとダイアルMAXでも若干押し込み量が足りず、さらに弾道の乱れも目立ちホップの掛かりに何やら癖がある感じ。

そこでよく目視確認してみると、今度はホップアームの押し位置が適正ではない様子

パッキン山の部分より1mm程度銃口側で押す形となり、最適な位置を押せていないため押し込み量も増えてしまい、その結果銃口側から覗いたときに山が2段に見えるという症状になっていました。



なのでアームも加工することに。。。




クイックウェルドでパッキン山を押す部分をノズル側に、プラス押し込み量も増えるよう肉盛り成型

そしてこのままだとチャンバーのアーム溝に干渉するのでこちらも拡張加工します。









このパーツ、素材は亜鉛だと思いますが場所が場所だけに電動リューターでも難航。。。

しかし最終的にリュータービットを切断砥石にしたらあっという間に削れたのでホッとしました。(^^;;



これでようやくひと段落。



そして再度組み上げ試射したところ。。。



かなりの弾道安定に成功しました。



おそらく2015ver加工のときと同じくマルイガスガン程度までは行けたんじゃないかなと思います。



今日は風が強かったので絶対とは言えませんが、弾速も著しく安定しましたので期待値は高いですね。

また無風の時に検証します。



ちなみにこの加工、納得の結果が出なくても比較的簡単に元の状態に戻すことも可能です(アームの肉盛りを撤去する)。



でもはっきり言って実はGen2はこれまでのVFCに比べますと箱出しでも充分な性能なんですよね(たまに出るフライヤーや左右ブレも僅かで、30mマンターゲットくらいなら狙えます)。

ただ自分は突き詰めるのが趣味と言いますか性分と言いますか。。。

なので面倒な方はここまでやらなくてもいいかも知れませんのでご参考までに(あとあくまで自己責任で^^;;)。










同じカテゴリー(VFC)の記事画像
EoTechレプリカ 塗装!! ブースター編
EoTechレプリカ 塗装!!
Mk18 mod1 GBB アウターバレル交換
Mk18 mod1 GBB 謎のボルトスタック
VFC製 Mk18 mod1 GBB チャンバー加工
VFC製 Mk18 mod1 GBB
同じカテゴリー(VFC)の記事
 EoTechレプリカ 塗装!! ブースター編 (2018-10-02 09:58)
 EoTechレプリカ 塗装!! (2018-09-30 14:58)
 Mk18 mod1 GBB アウターバレル交換 (2018-09-25 15:00)
 Mk18 mod1 GBB 謎のボルトスタック (2018-09-22 23:49)
 VFC製 Mk18 mod1 GBB チャンバー加工 (2018-09-20 15:22)
 VFC製 Mk18 mod1 GBB (2018-09-19 21:08)

Posted by NEO  at 20:30 │Comments(0)VFCHK416D
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。