ロストプラネット2

2018年07月17日

GBLS DAS GDR15 初速と集弾性!!

さて今回はGBLS DAS GDR15 の初速と集弾性のお話です。


まずは気になる初速から。


0.2gだと平均このぐらい。初速幅は91〜93くらい。適正ホップ。保証書に書かれてるデータとほぼ同じですね。




こちらが0.25g。こちらも初速幅は82〜84くらい。横着してホップが0.2g設定のままなので、適正だと少し前後するかもしれません。適正ホップに設定して再計測しましたが殆ど変化ありませんでした。

どちらも初速ムラ少なく、ちょうどいいバランスではないでしょうか。



そして皆さんがもっと気になるのは集弾性ですよね。今日の午前中は風が少なかったのでほぼ無風の30mフィールドレンジで検証しました(0.2g)。

BULLET様のブログ記事のとおり、最初シリンダー内のグリスが飛ぶまでチャンバーがその影響を喰らいホップの掛かりが不安定でしたが、2マグ撃ってバレルとパッキンの突起周りをクリーニングしてさらに1マグほど撃ったところ、なんと国産電動ガンと遜色ないほどの集弾性をたたき出しました。

ターゲットペーパー貼れないところだったので目視でチェック。弾筋を確認しやすいよう4倍スコープを使用したのですが、ゼロイン調整後のクロスヘアに吸い込まれて行く弾道はホント気持良いです。もちろん激しいリコイルがあるぶんフルオートは散ります。ただしホップで不規則なカーブが掛かるような散り方ではなく、あくまで振動で射線がぶれるという意味での散りです。なのでしっかりレストすればフルオートでもかなり纏まります。重量弾を使うことでさらなる安定性が見込めるでしょう。

これは間違いなくハイパー道楽さんの過去映像とはまったくの別物に生まれ変わってますね。

結構な数撃ちましたが、1回だけボルトの閉塞不良でジャムっただけであとはすこぶる快調です。ジャムに気付かずさらにトリガーを引いてしまった場合はギヤが回りっぱなしになるので最初驚きましたが、慌てずチャーハンコッキングすることで停止します。DASはジャムったときでもメカボックスが壊れないようにギアが空転する設計なのでご安心ください。


ここまで完璧と言えるほどのGDR15ですが、まだまだ色々楽しみながら弄り倒して検証続けたいと思います。








同じカテゴリー(GBLS DAS)の記事画像
Mk18 mod1 GBB アウターバレル交換
VFC製 Mk18 mod1 GBB
GBLS DAS GDR15 ショーティ考察3!!
GBLS DAS GDR15 ショーティ考察2!!
GBLS DAS GDR15 ショーティ考察!!
GBLS DAS GDR15 P-MAG化 自重落下編!!
同じカテゴリー(GBLS DAS)の記事
 Mk18 mod1 GBB アウターバレル交換 (2018-09-25 15:00)
 VFC製 Mk18 mod1 GBB (2018-09-19 21:08)
 GBLS DAS GDR15 ショーティ考察3!! (2018-09-11 15:35)
 GBLS DAS GDR15 ショーティ考察2!! (2018-08-29 15:00)
 GBLS DAS GDR15 ショーティ考察!! (2018-08-04 11:36)
 GBLS DAS GDR15 P-MAG化 自重落下編!! (2018-07-29 16:52)

Posted by NEO  at 18:18 │Comments(0)GBLS DAS
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。